免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 各がん種の治療
  • 当施設のがん治療
  • 施設のご案内
  • よくあるご質問
  • 治療費用
  • 放射線治療相談外来
東京ミッドタウン先端医療研究所 がん治療チーム

免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 電話する
  • 無料医療相談
  • 資料請求
  • メニュー
無料相談会のご案内

トップ放射線治療 相談 > 高精度放射線治療

高精度放射線治療

放射線治療相談

腫瘍への集中照射と免疫療法の併用で相乗効果が期待

当施設では、病状に応じて、副作用が少なく病変部へ多くの放射線を照射することが可能な「高精度放射線治療」をご提案しております。体の機能を保ちながら治療ができるため、身体的、精神的な負担を軽減でき、通院で治療が可能です。また、がん細胞を狙い撃ちする免疫療法と併用することで、相乗効果が期待できます。

※放射線治療は、提携の東京放射線クリニックで行っております。

放射線治療装置Trirogy
放射線治療装置
放射線治療計画装置Eclipse
放射線治療計画装置

がん治療に欠かせない放射線治療

放射線治療は、手術・化学療法と並び、がんの標準治療の3本柱です。

放射線治療と言うと、副作用が大きいと思われている方も少なくありませんが、治療機器の進歩や技術の向上により副作用を抑えることが出来るようになってきました。

期待できる効果

放射線治療は、「根治」と「緩和」の両方の側面を持っています。がん細胞を攻撃し、治癒を目的とした根治的照射に対し、例えば食道がんにより食道が細くなってしまったケースや、肺がんで気道が圧迫されている時など、がんを縮小させて狭窄を解除し、症状を軽減することを目的とした緩和的照射も行われます。このように、たとえ体中にがんが転移して根治が難しいと思われるようなケースでも、緩和的照射を行うことで、痛みやつらさを軽減でき、QOL(生活の質)の向上や、予後が延びる可能性も期待できます。

  • 根治的治療
  • 骨転移など痛みの軽減
  • 肺がんによる血痰や、胃がん・大腸がんによる下血などの止血
  • 肺がんなどの呼吸困難を改善
  • 脳転移による頭痛・吐き気・麻痺などの症状を緩和

副作用が少なく治療効果を期待できる高精度放射線治療

高精度放射線治療は、病巣を三次元で立体的にとらえ、がんに対して多方面から放射線を照射することが可能です。そのため正常細胞への副作用を抑えながらがん細胞を攻撃することができ、患者様の身体への負担を軽減することができる治療法です。

体幹部定位放射線治療(SBRT)

定位放射線治療は、がん細胞に対して様々な方向から放射線を照射することで、正常な組織への照射を抑制しながら、がん細胞には多くの放射線を集中的に照射することが可能です。また、画像誘導放射線治療(IGRT)の技術の一つであるcone beam CT(CBCT)を撮影することによって精度の高い位置照合が可能です。したがって、ターゲットであるがんを正確に把握し、ピンポイントに照射する治療を行っています。



肺の体幹部定位放射線治療(SBRT)

中心の腫瘍に対して多方向からピンポイントに照射しています。

強度変調放射線治療(IMRT)

放射線の強度を細かく変化させることによって、周囲の正常組織への影響を少なくして、がん組織に集中して放射線をあてることができます。これにより、合併症の発生頻度は低下することが期待できます。頭頸部がんや前立腺がんなどに高い治療効果が期待できます。

前立腺がんへの照射(IMRT)

前立腺(黄色の部分)に線量が集中しており、直腸側の線量が軽減されていることが分かります。

※上の図は比較的強い放射線のあるところのみカラースケールで表示しています。周辺臓器に全く放射線があたらないわけではありません。

医師とじっくりご相談 個別の無料医療相談受付中
WEB予約・お問い合わせはこちら
がん免疫療法を知る 少人数制の説明会開催中
日程はこちら
先ずはメール・お電話にて 資料請求・メール相談受付中
資料請求・メール相談
治療費用や治療内容についてご不明な方へ よくあるご質問
専門用語がよくわからない方へ 用語集

Copyrihgt(c)2012 Center for Advanced Medical Science and Technology