免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

無料医療相談

資料・お問い合わせ

文字サイズ

  • 中サイズ
  • 大サイズ

  • 各がん種の治療
  • 症例報告
  • 当施設のがん治療
  • 施設のご案内
  • よくあるご質問
  • 治療費用
  • 放射線治療相談外来
  • 各がん種の治療
  • 症例報告
  • 当施設のがん治療
  • 施設のご案内
  • よくあるご質問
  • 治療費用
  • 放射線治療相談外来
東京ミッドタウン先端医療研究所 がん治療チーム

免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 電話する
  • 無料医療相談
  • 資料請求
  • メニュー
無料相談会のご案内

トップ施設のご案内 > 医師紹介

医師紹介

がん治療の経験豊富な医師たちが
最適な治療方針を見つけることに最善の努力をいたします

東京ミッドタウン先端医療研究所
所長 田口 淳一

東京ミッドタウン先端医療研究所 所長 田口 淳一

がん免疫療法 / 医療相談

【職歴】
1984年 東京大学医学部卒業。1993年 ワシントン州立大学へ留学。
東京大学医学部附属病院助手、宮内庁侍従職侍医、東海大学医学部付属八王子病院循環器内科准教授を経て、2007年 東京ミッドタウンクリニック院長、2010年 東京ミッドタウン先端医療研究所所長に就任。
<認定資格など>
  • 日本内科学会認定総合内科専門医
  • 日本循環器学会認定循環器専門医
  • 臨床遺伝専門医
  • 日本心臓病学会特別正会員 米国心臓学会フェロー
  • 東京医科歯科大学 難治疾患 研究所 非常勤講師
  • 日本人間ドック学会 遺伝子検査に関わる検討委員会 委員長
  • 東京医科大学 客員教授
  • 日中医学交流センター 理事 他

田口所長からのメッセージ

個人差はありますが、一般的にがんが進行し再発や転移を繰り返していくうちに、標準治療の効果が出にくくなります。それと同時に、体力の衰えなどQOL(生活の質)が著しく下がってもいきます。その時に、二者択一の選択になりがちです。すなわち、副作用を限界まで我慢して化学療法を続けるのか?それとも、積極的な治療はやめて、痛みや苦痛を取り除く緩和ケアだけを行うか?
しかし、人生最大とでも言うべき岐路において、二者択一しかないというのは、おかしいのではないかと私は思っています。医療だけに限らず、二者の『間』に存在する選択肢というものがあって然るべきでしょう。命を懸けた選択肢ならば、尚のこと。私は医師としてチャンスがあることは患者様に伝えなくてはいけない、でき得る限りの可能性は提示するべきだと思っています。「標準治療が効かなくなりました。だから今日からはもう、あなたには何も治療はできませんよ」と判断を下すのは大変酷な話です。患者様と話し合い、希望を伺いながら、患者様の次の決断のためのお手伝いをする。最終結論に至るまでに、いくつもある治療の分かれ道で、患者さんの水先案内人となるのが医師であり、それが、「あきらめないがん治療」ということだと思います。決してあきらめることなく、たじろぐこともなく、可能な範囲で先に進んでほしいと思います。

東京ミッドタウン先端医療研究所
がん診療部長 島袋 誠守

がん診療部長 島袋 誠守
【職歴】
1990年琉球大学医学部医学科卒業。琉球大学医学部附属病院、那覇市立病院、北部地区医師会病院、新古賀病院、豊見城中央病院外科副部長を経て2015年8月より東京ミッドタウン先端医療研究所診療部長に就任。
<認定資格>
  • 日本外科学会 外科専門医
  • 日本消化器外科学会 認定医

島袋がん診療部長からのメッセージ

これまで25年以上、消化器外科・一般外科医としてがん治療全般に携わってまいりましたが、どうしても標準治療だけでは力がおよばず、その後は見守ることしかできない場面にも遭遇してきました。
そんな中、免疫療法を標準治療に併用した患者様で抗がん剤の副作用の軽減や組織学的にもがんが消失した方、転移再発が予防された症例を経験した事から免疫療法の可能性に期待するようになりました。これまで免疫療法は他に手立てが無くなった時の最終的な治療方法のように思われていましたが、当施設でも標準治療と併用した免疫療法で効果を認めた方や、術後早期の再発予防の手段として標準治療と併用されている方もいらっしゃいます。
患者様とそのご家族は、がんと告げられた瞬間から多くの情報に戸惑い、不安な中で過酷な決断をせまられ、心が休まる暇もなく過ごされていらっしゃると思います。がん診療は総力戦です。がん治療に困っていらっしゃるご本人はもちろんのこと、ご家族の方々へも当施設、提携する医療機関のすべてのスタッフの力を結集し、少しでもお力になれればと考えています。

東京ミッドタウン先端医療研究所
医師 森山 紀之

森山 紀之
【職歴】
1973年千葉大学医学部卒業、 1986年米国Mayo Clinic 客員医師、 1987年国立がんセンター放射線診断部 医長、 1992年国立がんセンター東病院放射線部 部長、 1998年国立がんセンター中央病院放射線診断部 部長、 2004年国立がんセンターがん予防・検診研究センター センター長、 2010年独立行政法人国立がん研究センター がん予防・検診研究センター センター長、 2013年医療法人社団ミッドタウンクリニック常務理事 兼 健診センター長 医療法人社団勁草会理事 一般社団法人あきらめないがん治療ネットワーク理事に就任。2016年4月 医療法人社団進興会 理事長に就任。2016年8月 グランドハイメディック倶楽部 理事に就任。
【受賞歴】
  • 1983年がん研究田宮賞
  • 1993年通商産業大臣賞(ヘリカルスキャンX線CT装置の開発)
  • 1993年機械振興協会賞
  • 2005年高松宮妃癌研究基金学術賞
  • 2007年朝日がん大賞

森山医師からのメッセージ

免疫療法もどんどん進化しエビデンスが蓄積されており、今は転移がん、再発がんの患者様にとっても様々な選択肢をご提案できる時代となりました。私は国立がん研究センターで長年勤めた後こちらに参りましたが、東京ミッドタウン先端医療研究所でのがん治療の素晴らしいところは、「医師が本当に患者様にとって最適な治療法を提案する」という点にあると感じています。医師はとかく自分の専門分野に特化した治療法を患者様に提案してしまう傾向がありますが、ここではそんな医師都合は優先されません。免疫療法だけを最上の治療法としているわけでもありません。良い意味で『中立』な目を持った医師陣が個々の患者様のご病状、ニーズに向き合い、本当に最適と考える治療メニューを提案させていただいています。

医学博士 放射線腫瘍医師
柏原 賢一

医学博士 放射線腫瘍医師 柏原 賢一
【職歴】
1982年京都府立医科大学卒業。
徳島大学医学部放射線医学教室講師、Hahnemann大学Visiting Professor、愛媛県立中央病院放射線科部長を経て、2008年4月、東京放射線クリニック院長に就任。
<認定資格>
  • 日本医学放射線学会放射線治療専門医
  • 日本がん治療認定医機構認定医
  • 日本核医学専門医
  • PET核医学認定医

※柏原医師は東京放射線クリニックにて診療を行っております。

医療法人社団ミッドタウンクリニック
理事長 草野 敏臣

医療法人社団ミッドタウンクリニック 理事長 草野 敏臣
【職歴】
1975年長崎大学医学部卒業。
国立がんセンター外科レジデント、国立長崎中央病院外科医長、琉球大学医学部第一外科助教授、米国カリフォルニア大学サンフランシスコ校外科客員教授を経て、2010年東京ミッドタウンクリニック常任理事。2011年6月、同理事長に就任。
<認定資格>
  • 日本外科学会指導医
  • 日本消化器外科学会指導医
  • 米国外科学会専門医
  • 米国消化器内視鏡外科学会専門医
医師とじっくりご相談 個別の無料医療相談受付中
WEB予約・お問い合わせはこちら
がん免疫療法を知る 少人数制の説明会開催中
日程はこちら
先ずはメール・お電話にて 資料請求・メール相談受付中
資料請求・メール相談
治療費用や治療内容についてご不明な方へ よくあるご質問
専門用語がよくわからない方へ 用語集

Copyrihgt(c)2012 Center for Advanced Medical Science and Technology