免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

文字サイズ

  • 中サイズ
  • 大サイズ

  • 施設のご案内
  • 当施設のがん治療
  • 各がん種の治療
  • 症例報告
  • 治療費用
  • よくあるご質問
  • 放射線治療相談外来
  • 施設のご案内
  • 当施設のがん治療
  • 各がん種の治療
  • 症例報告
  • 治療費用
  • よくあるご質問
  • 放射線治療相談外来

トップ > 関連書籍



関連書籍

当施設の関連書籍をご紹介いたします

医師が選んだ免疫細胞療法

抗がん剤×放射線×免疫でがんを狙い撃つ
7人の医師たちが語るがん樹状細胞ワクチン療法のすべて
慶應義塾大学名誉教授 川田志明監修

免疫力とがんの関係については、長年言われてきましたが、その仕組みの詳細がわからないまま、がんは不治の病として扱われてきました。しかし今、「抗原」=がんの印の発見により、免疫によるがん治療のあり方は、大きく変わろうとしています。2010年、アメリカでは、自己の細胞を用いた免疫療法が世界で始めて保険適用になりました。 漠然と「免疫は体にいい」と思われていた時代から、「戦略的にがんだけをたたく」ことを目指す時代へ。最先端の臨床の現場で患者さんと向き合う専門医7人が、がん種別に治療の成果を語ります。

▼本書に登場する先生

東京ミッドタウン先端医療研究所 田口 淳一・九段クリニック 阿部博幸・札幌北楡病院 小笠原正浩・新横浜かとうクリニック 加藤洋一・セレンクリニック 高橋秀徳・花園クリニック 楢崎幹雄・クリニックサンルイ 三石瑤子
●発売日: 2010年9月24日(金)
●タイトル:医師が選んだ免疫細胞療法(幻冬舎)
●金額:1,200円(税抜)
●ご購入:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4344997565

再発・転移性乳がんを生きるための100の質問

リリー・ショックニー(ジョンズ・ホプキンス・エイボン基金・乳がんセンター所長)
編訳:青木美保(ウィメンズ・キャンサー・ファイター・サポート)
解説:田口 淳一(東京ミッドタウンクリニック院長、先端医療研究所所長)
本人と家族に与える衝撃が大きい再発・転移性乳がん 知識と情報を得ることこそが生きる力になるともに乳がんサバイバーである著者と編訳者が、あなたの可能性を広げます。
●発売日: 2011年1月
●タイトル:再発・転移性乳がんを生きるための100の質問(彩流社
●A5判、並製、240ページ
●予価:本体2,000円(税抜)
●ご購入:ご購入はこちらから

解説者:当施設所長 田口淳一からのメッセージ

転移性乳がんは残念ながらまれではありません。

再発や転移という言葉は残念な言葉です。これはまた治療が始まることや、人生の計画を変えてしまうことになります。 しかしながらサバイバーの道が閉ざされたわけではありません。

ご存じのことと思いますが、乳がんははじめから全身病なのです。 つまり診断がついた時点で、すでに目に見えない小さながん細胞が全身に散らばっていると考えた方が良いのです。 ですから手術でがん組織をどんなにきれいに取りきれたとしても、その前後でホルモン療法や、化学療法、放射線療法がすすめられるのです。

大まかな数を挙げると、10人の乳がんの方がいると、1人は初めからがん細胞が目に見える形で散っていて手術が出来ません。 そして3人から4人の方が手術やほかの治療をしても再発する可能性があります。 また初めの進行度が高いほど再発しやすくなります。

つまり、他の場所への転移や再発をしていてもサバイバーとして闘っている同志の方はたくさんいるのです。

この本の中でいろいろな質問が出てきます。 それぞれご自身の状況に当てはまるもの、当てはまらないものがあるでしょう。 私たちはこの本を、サバイバーとしての皆さんの知識や疑問を集めてゆき、一緒に闘う人の役に立つようなものにしてゆきたいと考えています。

まず大事なことは今を見つめて良く調べてもらうこと。過去を悔まないことです。

がんはいつも同じわけではありません。 今年の専門学会の報告で「3人に1人は乳癌ホルモン受容体の状態が原発巣と再発巣で違う」(日経メディカルのWEBサイトから引用)というものがありました。 つまり初めのホルモン受容体の結果と違う可能性があるということ、再発してからは薬の選択が変わる可能性があるということです。 治療を急ぐ前に先生に全身を良く調べてもらってから治療方法を決めましょう。 焦ってスタートするのは良くありません。 再発の場所によっても、手術や放射線治療を受けられることだってあるかもしれません。 良く調べてもらって、良く話し合って治療方針を決めましょう。

また「もっと早く検査して、再発が小さい時に治療開始しておけば」と思うかもしれません。 しかしながら実際には再発が早く見つかっても、症状などで見つかっても、大きな成績には変わりがないということがわかってきています。 それは転移・再発がんの治療は「がん細胞を全部殺してしまう」よりも「がん細胞が全身に悪さをおこさない様に押しとどめる」事を重視するからです。 つまり「ああこうすればよかった」なんて思わないで、「今、こうしよう!」と考えることが大事なのです。

ですからこの本や雑誌、信頼できるサイトのインターネットなどで情報を調べましょう。そしてバランスの良い知識を得るために、先生にどんどん相談しましょう。

次に大事なメッセージは「あなたは一人ではありません。世界中で新しい治療を研究している人が、今まさに努力をして、どんどん新しい治療方法を見つけ出してくれています。」ということです。

乳がんの治療の研究はどんどん進んでいます。新しい化学療法の薬品が開発されています。
ホルモン療法もアロマターゼ阻害剤が加わって治療の幅が増えています。
分子標的薬という「がんを抑える」治療薬の分野の研究も進んでいます。
「がん特異免疫療法」の分野も進んできています。

例えば2010年の日本及び外国の乳がん学会、がん治療学会などで発表された代表的な記事を挙げてゆきます。(日経メディカルのWEBサイトから引用)
1.進行再発乳癌に対するS-1投与で長期の病勢安定も可能
2.ゲムシタビン+パクリタキセル併用療法は転移・再発乳癌に有望
3.閉経前の転移再発乳癌にアロマターゼ阻害剤とLH-RHアゴニストは病勢進行を抑制
4.Roche社が米国で乳癌対象にトラスツズマブ-DM1の承認を申請:これは2つの薬を1つに結合して相乗効果を狙ったものです
5.エリブリンは治療歴のある転移性乳癌患者の全生存期間を延長
6.転移性乳癌に対するペグ・リポゾーム・ドキソルビシンは次に行う治療選択肢を広げる
7.進行・再発乳癌にカペシタビンとシクロホスファミドの併用は有効かつ安全―フェーズ2試験の結果

今年だけでもこんなに新しい発表があるのです。心強いでしょう。

この中でもゲムシタビン(ジェムザール)が注目です。
この抗がん剤は日本では膵臓がんや胆道がん、肺がんでの使用が認められ使用されていますが、 欧米では以前から乳がんにも効果があると報告されてきました。これはアジアの国でも確認されてきています。
上記のようにゲムシタビン+パクリタキセル併用やゲムシタビン+ドセタキセル併用が良いようです。

また上記の発表のうち、S-1の成績、カペシタビン+シクロホスファミド併用の成績も注目です。 これらは飲み薬であり副作用もそれほど強くありません。

先生にどんな新しい治療法が可能かどうか良く聞いてみましょう。

分子標的薬という「がんを抑える」治療薬にも種類がたくさん出てきました。

すでにHER2蛋白質に関しては聞いたことがあると思います。がん細胞にHER2蛋白質が多く現れていると、がん細胞の増殖が早くなるのですが、 実はそのHER2蛋白に作用して効く薬があるのです。それがトラスツズマブ(ハーセプチン)です。また新しくラパチニブ(タイケルブ)も開発されています。 これによってたちの悪い乳がんの治療に一種の革命がおこりました。

このトラスツズマブ(ハーセプチン)などのことを分子標的薬と言います。 分子標的薬は今までのがん細胞を殺す抗がん剤とは異なり、がん細胞の表面の蛋白質などを狙って(標的)、そのがん細胞を増殖させたり転移させたりする効果を抑えようとするものです。 ですから直接にがん細胞を殺して減らすのではなく、がん細胞を増やさないようにして押しとどめるものです。 つまり治療効果としては「病気を安定化させる」ことを重視しています。

転移・再発がんの治療も、どちらかというと「がん細胞を全部殺してしまう」よりも「がん細胞が全身に悪さをおこさない様に押しとどめる」事に目標を置いています。 その意味では、高血圧症や糖尿病などの慢性疾患が「臓器障害や動脈硬化を進ませないこと」に治療の目標を置いていることに似ているかもしれません。 現実的にがんの方の予後は、心不全の方や透析の方の予後より悪いわけではないのです。

分子標的薬には、HER2蛋白に作用するトラスツズマブ(ハーセプチン)やラパチニブ(タイケルブ)以外にも、血管新生因子に作用するベバシヅマブ(アバスチン)、別の増殖因子であるチロシンキナーゼに作用するスニチニブ(スーテント)やソラフェニブ(ネクサバール)や新薬のネラチニブなどがあります。これらの薬剤は細胞を殺す薬といろいろ組み合わせて使用されています。

免疫療法が「がんを狙う特異免疫療法」に進化して、標準療法に近づいて来ています。

免疫というのは自分の体の中で、ある細胞や組織を自分自身のものとして認めることと、自分と違うものと判断した場合に排除する働きのことです。それを担当するのが白血球の一部の細胞やリンパ球です。

がん細胞は、元々は自分自身の細胞なのですが、細胞分裂や増殖の際に変化してしまったものです。そしてこのような細胞が毎日数千個も生まれていると言われています。 このようながん細胞のもとは自然に死滅したりするものもありますが、免疫系が自分自身の細胞で無いと判断して排除してゆきます。これが毎日毎日繰り返されています。ですからどんな人もがんとは無縁ではないのです。

前々から丸山ワクチンなどのがん免疫療法が知られていました。これは結核菌の成分などを皮膚に注射して、体内のリンパ球が全般に活性化する事を狙ったものです。これが進化してインターロイキン2などの体内の免疫関連のホルモン様物質の注入や、血液からリンパ球を取り細胞培養で増やして全般に活性化させ体に戻す活性化リンパ球療法などが進んできました。副作用はあまりないので良かったのですが、残念ながら効果は十分とは言えませんでした。

2000年ごろから「がんを狙う特異免疫療法」としてペプチドワクチン療法や樹状細胞ワクチン療法が世界中で研究されてきました。樹状細胞とはリンパ球に免疫の相手の特徴を教える教師役の細胞です。そして「がんを狙う」とはがん細胞の表面にある蛋白質を目標として免疫系の狙いを絞って活性化することです。

乳がん細胞の表面蛋白質とはがんマーカーとよばれるCEA, CA15-3などがあります。また分子標的薬で目標となったHER2蛋白もあります。これらも実際に私たちは樹状細胞ワクチン療法では使用します。ある意味で分子標的薬の狙いと同じなのです。そしてペプチドワクチン療法や樹状細胞ワクチン療法では世界中で100種類以上の標的抗原となるペプチドや蛋白質などが開発されているのです。

またペプチドワクチン療法や樹状細胞ワクチン療法は、標準療法としての化学療法や放射線療法と併用する方が良いことがわかってきており、実際の組み合わせた治療研究が世界中で進んできています。特に免疫療法の副作用は化学療法や放射線療法と比べると一般的に軽微であるため、治療の幅を広げてくれるものと将来に大きな期待を持っています。

あなたを助けてくれる人がいます

繰り返しになりますが、再発や転移という言葉は残念な言葉です。再発・転移と聞いて世間から取り残された様な気持になるかもしれません。しかし乳がんに対処する治療手段が毎年毎年、世界中で開発されていることを忘れないようにしましょう。 自らも新しい知識を学んでゆく努力は欠かしてはいけません。 そしてこの病気を心臓病などと同じ慢性疾患と考えて、生活の質を高めながら病気とともに歩んでゆくように考えましょう。

病気とともに歩むためには、色々な事を行う必要や、色々な不自由があるでしょう。 でもすべての事を自分一人で出来るはずがありません。遠慮せずに、先生、家族、友人そして同じサバイバーの方々に手助けを求めましょう。皆さんが進んで助けてくれるはずです。たとえどんなに病気が進んでいたとしても、あなたは一人ではありません。

世の中には自分でどんなに頑張っても、病気の流れの方が強い場合があるのは事実です。 そのような時でも、あなたは一人で取り残される事は決してありません。 周りで支えて、あなたがあなたらしく歩み続けられるようにしてくれる人がいます。 その「旅」を続けるための支えや心得に関しても、この本で見つけることができるでしょう。

再発・転移性乳がんを生きるための100の質問の一部

■第1章 転移性乳がんの疑い
1.乳がんの再発、転移性乳がんとは何ですか?
2.転移性乳がんの診断は死の宣告ですか?
3.高齢の女性では乳がんはゆっくり進行し、治療を受ける必要はないと聞いたことがあります。それは本当ですか? 高齢者では、どんなことに気をつければいいですか?
・・・・・・

■第2章 いい状態にあると確信できるために
9.自分の現状に最高に適した治療を受けているかどうか、どうすれば分かりますか?
10.自分の治療を決めることに、わたしも参加できるようになりたいのです。どうしたら可能ですか?
11.「複数専門科による医療」という言葉を聞いたことがありますが、これは何ですか? また、これはわたしにも必要でしょうか?
・・・・・・

■第3章 外科治療、放射線療法の決断
19.わたしは乳房温存術とわきの下(腋窩)リンパ節切除術を3年前に受けましたが、現在乳がんが骨に転移しています。乳房全摘術をもう一度受ける必要があるでしょうか?
20.乳がんは脳に広がりましたが、転移は1カ所に限定しています。このような脳転移には、どんな治療がありますか?
21.乳がんが肝臓に転移しています。肝移植で治療できませんか?
・・・・・・

■第4章 化学療法をどう考えるか
26.化学療法とは何ですか? どのように効くのですか?
27.前の乳がんのときは複数の薬を使っていましたが、なぜ今は1つだけなのですか?
・・・・・・

■第5章 ホルモン療法の決断
47.化学療法の代わりにホルモン療法を受けるべきかどうか、医師はどうやって判断するのですか?
48.ホルモン療法にはいろいろな種類があるのですか? どれを使うか主治医はどうやって決めるのですか?
49.わたしは骨粗鬆症です。アロマターゼ阻害薬を使っても問題ないですか?
・・・・・・

■第6章 治療の副作用、対処の方法
51.私の転移性乳がんの治療の結果、どんな副作用があると予想できますか?
52.どうしてこんなにいつも疲れを感じるのでしょう?
53.化学療法治療薬の中には心臓を傷害するものがあると聞きましたが、本当でしょうか?
・・・・・・

■第7章 分子標的治療とは
71.モノクローナル抗体とは何でしょう?
72.HER-2陽性乳がんとは何ですか? 私がそうかどうか、どのようにしたら判りますか?
73.分子標的療法とは何でしょう? どのように効くのですか?
・・・・・・

■第8章 臨床試験とは
75.臨床試験とは何ですか? 転移性乳がんのわたしが、まだそれに参加できるのですか?
76.臨床試験のさまざまなフェーズとは何でしょう?
77.臨床試験を勧められたのですが、医師にどんな質問をすればよいでしょうか?
・・・・・・

■9章 補完代替療法をどう考えるか
79.補完代替療法とは何でしょう?
80.補完代替療法によっては実際にがんに効くものがあると聞きましたが、本当でしょうか?
81.私が聞いたことがあったり、学びたいような補完代替療法にはどのような例がありますか?
・・・・・・

■第10章 その他のよくある質問
86.家族はわたしに禁煙してほしがっていますが、わたしはすでに治らないがんなのです。禁煙するべきですか?
87.主治医は肝臓に腫瘍があるとわたしに言いました。それは乳がんと同じがんですか?
88.肝臓にがんがあります。それが死の宣告なのは本当ですか?
・・・・・・

■第11章 命の終末、治療のこと、重大な意思決定の時、計画を立てること
92.事前指示書とは何でしょうか? 私の希望が周知されていることをどうしたら判るでしょうか?
93.リビングウィルとは何でしょうか? 医療委任状と同じですか?
94.このような決定を家族とどう話し始めて良いのか判りません。どのようにすればよいでしょうか?
・・・・・・

Copyrihgt(c)2012 Center for Advanced Medical Science and Technology