免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

無料医療相談

資料・お問い合わせ

文字サイズ

  • 中サイズ
  • 大サイズ

  • 各がん種の治療
  • 症例報告
  • 当施設のがん治療
  • 施設のご案内
  • よくあるご質問
  • 治療費用
  • 放射線治療相談外来
  • 各がん種の治療
  • 症例報告
  • 当施設のがん治療
  • 施設のご案内
  • よくあるご質問
  • 治療費用
  • 放射線治療相談外来
東京ミッドタウン先端医療研究所 がん治療チーム

免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 電話する
  • 無料医療相談
  • 資料請求
  • メニュー
無料相談会のご案内

トップ各がん種の治療 > 大腸癌(がん)

大腸癌(がん)

放射線療法と樹状細胞ワクチン療法の併用で
痛みが取れ、生活の質の改善(QOLの改善)が認められた例も。

大腸癌(がん)

大腸がんの治療では、病巣が2センチ以下でリンパ節への浸潤が軽度であれば、内視鏡や腹腔鏡手術によるがんの切除が選択肢に入ってきます。進行している場合には腹腔鏡などに加えて開腹手術が選択される場合があります。手術で切除する箇所は、がんの進行やリンパ節への転移によって決められていきます。リンパ節に転移がある場合には栄養血管の根元にあるリンパ節まで切除して術後の観察を行います。転移が認められる場合には、転移巣と原発巣が手術によって切除可能かを判断します。切除不能な場合には、抗がん剤(化学療法)が選択されます。抗がん剤の治療では肝、肺、リンパ節、腹膜、などの転移巣が標的となります。骨や脳への転移は放射線治療を使って緩和的な照射を行います。5-FU(フルオロウラシル)やUFT(テガフール・ウラシル)と呼ばれる治療薬が使用され、術後の補助として抗がん剤が用いられる場合もあります。分子標的治療薬の分野でもベバシズマブ(アバスチン)やセツキシマブ(アービタックス)の効果について調査が進められています。
関連医療機関の症例報告では、抗がん剤の副作用によって治療を継続するのが困難な患者さんに放射線治療と樹状細胞ワクチン療法を併用しました。再発があった部位と転移のあった骨盤内リンパ節の、がん細胞の縮小・消失が認められました。これによりQOLの改善(患者さんの生活の質が向上すること)が認められました。

関連医療機関の症例報告
http://www.midtown-amc.jp/everycanser/large_intestine/post_3.html

※当施設が技術提供を受けるテラ(株)の契約医療機関

大腸癌(がん)の症例報告

当施設では、がん免疫療法のご提供はもちろん、高精度放射線治療をはじめとした標準治療や補助療法も含め、個々の患者様の状況に合わせた併用治療をご提案しています。
医師とじっくりご相談 個別の無料医療相談受付中
WEB予約・お問い合わせはこちら
がん免疫療法を知る 少人数制の説明会開催中
日程はこちら
先ずはメール・お電話にて 資料請求・メール相談受付中
資料請求・メール相談
治療費用や治療内容についてご不明な方へ よくあるご質問
専門用語がよくわからない方へ 用語集

Copyrihgt(c)2012 Center for Advanced Medical Science and Technology