免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

無料医療相談

資料・お問い合わせ

文字サイズ

  • 中サイズ
  • 大サイズ

  • 各がん種の治療
  • 症例報告
  • 当施設のがん治療
  • 施設のご案内
  • よくあるご質問
  • 治療費用
  • 放射線治療相談外来
  • 各がん種の治療
  • 症例報告
  • 当施設のがん治療
  • 施設のご案内
  • よくあるご質問
  • 治療費用
  • 放射線治療相談外来
東京ミッドタウン先端医療研究所 がん治療チーム

免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 電話する
  • 無料医療相談
  • 資料請求
  • メニュー
無料相談会のご案内

トップ各がん種の治療 > 肺癌(がん)

肺癌(がん)

手術が難しい非小細胞がんで、
化学療法と免疫療法の併用にて効果が認められている例も。

肺癌(がん)

肺がんは、進行がんの状態で見つかるものの方が多いと言われています。その中でも肺がん全体の約8割以上を占める非小細胞肺がんでは、進行・再発などがある場合は手術ができる場合を除いて化学療法(抗がん剤)を用いて治療を進めていきます。近年では、がん細胞の分子を標的にして、その増殖を阻害する分子標的治療薬と呼ばれる新しい考え方の薬が開発されています。また転移(脳や骨など)があった場合には症状を緩和して、QOLを保つ(患者さんが今までの生活を保ち、治療によって生活の質が下がらないようにすること)ために放射線にて治療を行っていく場合もあります。放射線療法は化学療法や免疫療法などと併用することによって効果を高めることも知られています。抗がん剤と免疫療法との併用についても学会などで報告があり、特に免疫療法と相性が良い抗がん剤なども調査が進んでいます。関連医療機関の症例でも比較的副作用の少ない経口(飲み薬)の抗がん剤TS-1単独に樹状細胞ワクチン療法を併用し、腫瘍の消失ならびに著明な縮小効果を認めた事例が認められています。

関連医療機関の症例報告
http://www.midtown-amc.jp/everycanser/lung/1.html

※当施設が技術提供を受けるテラ(株)の契約医療機関

肺癌(がん)の症例報告

肺癌(がん)の臨床データ

当施設では、最新世代の免疫療法のご提供はもちろん、高精度放射線治療をはじめとした標準治療や補助療法も含め、個々の患者様の状況に合わせた併用治療をご提案しています。

Copyrihgt(c)2012 Center for Advanced Medical Science and Technology