免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

無料医療相談

資料・お問い合わせ

文字サイズ

  • 中サイズ
  • 大サイズ

  • 各がん種の治療
  • 症例報告
  • 当施設のがん治療
  • 施設のご案内
  • よくあるご質問
  • 治療費用
  • 放射線治療相談外来
  • 各がん種の治療
  • 症例報告
  • 当施設のがん治療
  • 施設のご案内
  • よくあるご質問
  • 治療費用
  • 放射線治療相談外来
東京ミッドタウン先端医療研究所 がん治療チーム

免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 電話する
  • 無料医療相談
  • 資料請求
  • メニュー
無料相談会のご案内

トップ各がん種の治療 > 前立腺癌(がん)

前立腺癌(がん)

手術、放射線、ホルモン療法が効き、
免疫療法は約30%に臨床効果を認める例も。

前立腺癌(がん)

前立腺がんは、手術の予後が良好であることが多いがんです。多くの場合、前立腺と精嚢を摘出し、膀胱と尿道とを縫い合わせる「根治的前立腺全摘除術」が行われます。放射線療法も効果が高く、早期の場合は前立腺全摘除術と同等の成績が得られるとされています。
また、最近では手術に加え、ホルモン療法と併用することによって、進行した状態でも存率の改善が認められています。「アゴニスト」や「抗アンドロゲン剤」といった薬を併用または単独で投与して、男性ホルモンのアンドロゲンを抑制する方法です。
ただ、ホルモン療法を上回る化学療法は現時点では存在しません。ホルモン療法の効果の持続も、進行例では 2~3 年で、性機能の低下などの副作用が問題となり、化学療法には限界があると言われています。現在、ホルモン療法をしたあとに再燃したがんに対し、抗がん剤による治療が試みられていますが、明らかな生存期間の延長は認められていません。

免疫療法の適応については、欧米論文でその有用性が報告されています。樹状細胞ワクチン療法は、ほかの治療が効かない患者様に対し、約30%の治療効果を確認しました。

樹状細胞ワクチン療法の臨床効果
http://www.midtown-amc.jp/care/immunity/08.html

当施設では、最新世代の免疫療法のご提供はもちろん、高精度放射線治療をはじめとした標準治療や補助療法も含め、個々の患者様の状況に合わせた併用治療をご提案しています。

Copyrihgt(c)2012 Center for Advanced Medical Science and Technology