免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 各がん種の治療
  • 当施設のがん治療
  • 施設のご案内
  • よくあるご質問
  • 治療費用
  • 放射線治療相談外来
東京ミッドタウン先端医療研究所 がん治療チーム

免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 電話する
  • 無料医療相談
  • 資料請求
  • メニュー
無料相談会のご案内

トップよくあるご質問当施設で治療を受けるにあたってのご質問 > 東京ミッドタウン先端医療研究所のがん免疫...

よくあるご質問

よくあるご質問

東京ミッドタウン先端医療研究所のがん免疫療法はどのくらいの期間がかかるのですか?

回答

樹状細胞ワクチン療法:
当施設で行われている樹状細胞ワクチン療法は、自己がん組織樹状細胞ワクチン療法および人工抗原樹状細胞ワクチン療法の場合、5~7回のワクチン投与を 1クールとして治療を行っています。一方、局所樹状細胞ワクチン療法の場合は、1クール4回のワクチン投与を行います。はじめにアフェレーシスという特殊な採血によって樹状細胞のもととなる細胞を採取し、その細胞を約3週間かけて培養調整します。できあがった樹状細胞は基本的に2週間間隔で投与します。したがって、患者様の体調や現在進行中のがん治療のスケジュールにもよりますが、樹状細胞ワクチンの投与開始から1クール終了までに3ヶ月半程度かかります。

活性化リンパ球療法(LAK療法):
活性化リンパ球療法は末梢血からの採血によってリンパ球を採取し、それを約2週間かけて培養調整し、患者様の体内に戻します。活性化リンパ球の投与も基本的に2週間の間隔で行います。患者様の状態・ご希望などに応じて継続可能であるため、特に治療期間はございません。

よくあるご質問一覧ページへ戻る
医師とじっくりご相談 個別の無料医療相談受付中
WEB予約・お問い合わせはこちら
がん免疫療法を知る 少人数制の説明会開催中
日程はこちら
先ずはメール・お電話にて 資料請求・メール相談受付中
資料請求・メール相談
治療費用や治療内容についてご不明な方へ よくあるご質問
専門用語がよくわからない方へ 用語集

Copyrihgt(c)2012 Center for Advanced Medical Science and Technology