免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 各がん種の治療
  • 当施設のがん治療
  • 施設のご案内
  • よくあるご質問
  • 治療費用
  • 放射線治療相談外来
東京ミッドタウン先端医療研究所 がん治療チーム

免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 電話する
  • 無料医療相談
  • 資料請求
  • メニュー
無料相談会のご案内

トップ用語集ま行 > 免疫

用語集

免疫

人間には生まれつき免疫とよばれる働きが備わっており、体内に侵入した細菌やウイルスを排除しようとする機能が備わっています。予防注射もこの原理を応用したもので、例えば「はしか」の予防注射を行って免疫をつけると「はしか」のウイルスは体内に侵入できなくなります。

免疫の役割を持つものには、血液中の単球(マクロファージ)や好中球、リンパ球(ヘルパーT細胞、キラーT細胞、活性化したキラー細胞のLAK、Bリンパ球など)、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)、といった細胞(細胞性免疫)と、抗体やその働きを助ける補体、サイトカイン(生理活性物質)などの液性物質(液性免疫)の2種類があります。
また、これらはさらに体内に侵入した特定の抗原に反応する特異的な免疫を担当するものと、非特異的な免疫を担うものにわかれ、リンパ球や抗体は特異的な免疫を、マクロファージや好中球等は非特異的な免疫をそれぞれ担当します。

体の免疫は、がんができたり転移したりすることとも密接な関係があります。体の免疫力が低下した状態、たとえば後天性の免疫不全症候群(エイズ)や臓器移植の時に投与される薬によって生じる、免疫の抑制された状態では、がんができやすくなることが知られています。

「がん免疫療法」とは人間の体に生まれつき備わっている免疫の力を利用したり、免疫の力を強めたりすることでがんの発症や進展を抑えようとする治療法です。

用語集一覧へ戻る
医師とじっくりご相談 個別の無料医療相談受付中
WEB予約・お問い合わせはこちら
がん免疫療法を知る 少人数制の説明会開催中
日程はこちら
先ずはメール・お電話にて 資料請求・メール相談受付中
資料請求・メール相談
治療費用や治療内容についてご不明な方へ よくあるご質問
専門用語がよくわからない方へ 用語集

Copyrihgt(c)2012 Center for Advanced Medical Science and Technology