免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 各がん種の治療
  • 当施設のがん治療
  • 施設のご案内
  • よくあるご質問
  • 治療費用
  • 放射線治療相談外来
東京ミッドタウン先端医療研究所 がん治療チーム

免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 電話する
  • 無料医療相談
  • 資料請求
  • メニュー
無料相談会のご案内

トップ用語集ま行 > 丸山ワクチン

用語集

丸山ワクチン

丸山ワクチンは、丸山千里博士(元日本医科大学学長・1901~1992年)が開発したワクチンです。1944年に皮膚結核やハンセン病の皮膚障害の治療薬として誕生しましたが、治療を続けるうちに皮膚結核やハンセン病の患者には癌にかかる人が少ないという共通点が見つかり、ガンに対するワクチンの作用を調べる研究が始まりました。
丸山ワクチンは、1964年からがん治療に用いられ、免疫療法の歴史の中で最も古い第1世代の免疫療法剤に位置づけられています。その後、第2世代のサイトカイン療法、第3世代の活性化リンパ球療法、第4世代の樹状細胞ワクチン療法なども誕生し、現在に至るまで様々な形で研究が続けられています。

用語集一覧へ戻る
医師とじっくりご相談 個別の無料医療相談受付中
WEB予約・お問い合わせはこちら
がん免疫療法を知る 少人数制の説明会開催中
日程はこちら
先ずはメール・お電話にて 資料請求・メール相談受付中
資料請求・メール相談
治療費用や治療内容についてご不明な方へ よくあるご質問
専門用語がよくわからない方へ 用語集

Copyrihgt(c)2012 Center for Advanced Medical Science and Technology