免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 各がん種の治療
  • 当施設のがん治療
  • 施設のご案内
  • よくあるご質問
  • 治療費用
  • 放射線治療相談外来
東京ミッドタウン先端医療研究所 がん治療チーム

免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 電話する
  • 無料医療相談
  • 資料請求
  • メニュー
無料相談会のご案内

トップ当施設のがん治療免疫療法 >WT1ペプチド特許技術

がんの目印「WT1ペプチド」とは?

がんが持つ特徴的な目印
「WT1」を利用した

人工的ながん抗原(目印)

「WT1ペプチド」は、がんの持つ抗原(目印)である「WT1」をもとに人工的に作り出したがん抗原(目印)であり、当施設では、この人工がん抗原「WT1ペプチド」を用いた樹状細胞ワクチン療法を実施しております。人工がん抗原にはさまざまな種類がありますが、どの抗原(目印)を用いるかで治療効果が左右されるため、用いる抗原がとても重要となります。

次世代型がん抗原「WT1ペプチドカクテル」提供開始

大阪大学医学部 杉山教授により発見・開発された特許技術

「WT1」は、大阪大学医学部の杉山治夫教授により発見されたがんが持つ特徴的な目印です。このWT1をもとに、杉山教授により開発・特許取得された人工的ながん抗原が「WT1ペプチド」です。

この「WT1」をもとにしたさまざまな研究や治療が国内外で行われており、WT1ペプチドを用いた樹状細胞ワクチン療法もそのひとつです。

WT1は、さまざまながん種に見られる「がん抗原(目印)」

がん抗原は、がんの種類や発症部位により異なり、多くの種類があります。その中で「WT1」は、ほとんどの固形がんおよび白血病でも確認されているがん抗原となります。

また、がん細胞の増殖に関わるともいわれる「がん幹細胞(かんさいぼう)」にもWT1が見られることが明らかとなっており、理論上、WT1を標的として治療に応用することで、がん幹細胞を叩くことができると期待されています。

WT1とは?

樹状細胞ワクチン療法への応用で、多くの患者様に治療提供が可能に

樹状細胞ワクチン療法は、自分でないもの(病原体・異常細胞などの異物)を認識し、その目印を他の免疫細胞に教え攻撃の指示を出す「樹状細胞」の働きを利用した治療法です。異物の中で、がんの目印となるものが「がん抗原」です。

このがん抗原を抽出するためには、手術などで採取したがん組織が必要となりますが、既に手術を終えている方や、病状の進行状態などで手術ができなかった場合など、組織を採取できる方が限られていることが課題でした。

そこで、人工的ながん抗原を使用した樹状細胞ワクチン療法が行われるようになりましたが、がん抗原はがん種などによりさまざまなものがあり、人工がん抗原では使用できるがん種が一部に限られていたという状況でした。

そのような中、杉山教授等の研究発表により、ほとんどのがんに見られる「WT1」の存在が明らかとなり、「WT1」をもとにした人工がん抗原「WT1ペプチド」を樹状細胞ワクチン療法に応用することで、多くの患者様に治療の提供が可能となりました。

WT1ペプチドの各がん種における発現率

次世代型のがん抗原「WT1ペプチドカクテル」

当施設では、特許技術「WT1ペプチド」の次世代型ともいえる新しい人工がん抗原「WT1ペプチドカクテル(WT-KI-NO/WT-HE-DP) 」の提供を開始いたしました。

当ペプチドは、WT1ペプチドに加えて、大阪大学医学部・杉山治夫教授が開発し特許を取得した新しい人工がん抗原です。新規WT1ペプチドの導入により、治療効果の向上および患者様の治療選択肢の拡大が期待できます。

※製品名

東京慈恵会医科大学との共同研究により開発。
WT1ペプチドカクテルを用いた樹状細胞ワクチン療法

新規がん抗原「WT1ペプチドカクテル」を用いた樹状細胞ワクチン療法は、東京慈恵会医科大学附属柏病院との共同研究により、安全性および治療遂行性についての臨床試験を経て治療のご提供を行っております。
(現在までに重篤な有害事象などは発生しておりません。)

当施設では、「WT1ペプチドカクテル」をリキッドバイオプシーなどのがんゲノム検査とセットでご提供することにより、患者様お一人おひとりに最適な治療のご提案を目指します。

※ リキッドバイオプシーとは?
血液検査にてがん細胞を解析し、そのがんに最適な治療薬(分子標的薬)を見つける検査。
>>当施設のリキッドバイオプシー検査はこちら

東京慈恵会医科大学附属柏病院との共同臨床研究実績

試験名 切除不能膵癌に対する標準化学療法併用WT1樹状細胞ワクチン療法
jRCT
登録番号
jRCTc030190195
https://jrct.niph.go.jp/latest-detail/jRCTc030190195
試験目的 安全性および治療遂行性

次世代型がん抗原「WT1ペプチドカクテル」を使った樹状細胞ワクチン療法

各がん種の免疫療法について

当施設で行っている免疫療法「樹状細胞ワクチン療法」は、大阪大学大学院杉山教授が開発した抗原(がんの目印)「WT1ペプチド」を使用しています。
WT1ペプチドは、さまざまながん(白血病等の血液がんも含む)に存在するがん組織(抗原)であり、多くのがん種で樹状細胞ワクチン療法のご提供が可能です。

  • 大腸がんへの免疫療法
  • 胃がんへの免疫療法
  • すい臓がんへの免疫療法
  • 胆のうがんへの免疫療法
  • 肝臓がんへの免疫療法
  • 卵巣がんへの免疫療法
  • 肺がんへの免疫療法
  • 前立腺がんへの免疫療法
  • 食道がんへの免疫療法
  • 子宮がんへの免疫療法
  • 乳がんへの免疫療法
  • 膀胱がんへの免疫療法
  • 尿管がんへの免疫療法
  • 咽頭がんへの免疫療法
  • 甲状腺がんへの免疫療法
  • 口腔がんへの免疫療法
  • 唾液腺がんへの免疫療法
  • 腎臓がんへの免疫療法
  • メラノーマへの免疫療法
  • 脳腫瘍への免疫療法
  • 平滑筋肉腫への免疫療法
  • 骨肉腫への免疫療法
次のページでは、当施設の樹状細胞ワクチン療法の
主な効果と副作用についてご紹介します。

Copyrihgt(c)2012 Center for Advanced Medical Science and Technology