免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

文字サイズ

  • 中サイズ
  • 大サイズ

  • 施設のご案内
  • 当施設のがん治療
  • 各がん種の治療
  • 症例報告
  • 治療費用
  • よくあるご質問
  • 放射線治療相談外来
  • 施設のご案内
  • 当施設のがん治療
  • 各がん種の治療
  • 症例報告
  • 治療費用
  • よくあるご質問
  • 放射線治療相談外来

トップ >免疫療法の役割

免疫療法の役割



正しく知ってほしい
私たちが考える
「免疫療法の役割」

科学的根拠がある治療法を優先してお勧めいたします

私たちは、患者様に最良の治療をお受けいただくために、標準治療(手術・放射線治療・化学療法)を受けることができる方には、まずは標準治療を受けていただくことをお勧めしています。

なぜなら標準治療とは、多くの臨床試験の結果をもとに、現時点で最も効果があるとされる治療法だからです。

私たちは、がんを治す、あるいは症状を抑えるという科学的根拠(エビデンス)が存在する治療法を優先してお勧めいたします。

しかしながら、標準治療だけでは「十分な効果が得られない」「もう治療法がない」と言われてしまうがん患者様がいらっしゃるのも事実です。 私たちは、そのようながん患者様に対し、がん免疫療法という選択肢をご提案しております。

厚生労働省に届出の上、樹状細胞ワクチン療法をご提供

一言で「免疫療法」といっても、その内容は様々です。今ではがん免疫療法を提供する施設が増えてきましたが、そこで行われる治療内容や品質は実に多種多様です。

私たちは「再生医療等安全性確保法」に従い厚生労働省に届出した上で、大阪大学大学院の杉山教授が開発された世界的に有名ながん抗原「WT1特許技術」を使用し、東京大学医科学研究所で研究開発された高度な細胞培養技術に基づいた免疫療法「樹状細胞ワクチン療法」をご提供しております。

がん免疫療法の効果は、現時点において標準治療に匹敵するほどのデータ(科学的根拠)はまだ集まっておりません。

しかし、多くの臨床研究が行われ、学術論文も多数発表されており※1、他の補助療法に比べて期待できるデータが集まりつつあります。

最近では、標準治療に免疫療法を併用することで、治療効果が高まることや副作用が軽減されることも分かってきました。 しかも、自身の免疫機能を利用した治療法のため、抗がん剤と違って副作用もほとんどありません。

私たちが考える、がん免疫療法の3つの役割

当施設では、主に以下の3つを目的にがん免疫療法をご提供しております。

標準治療が最優先、という大前提の下で、免疫療法という選択肢だからこそ果たせる役割があると考えております。

標準治療の治療効果を高めたい患者様や、標準治療では治療法がないと告知されている患者様に、 免疫療法が果たせる役割について、そしてそこにはどんな限界があるのかについて、無料医療相談においても正直にお話しさせていただいております。 ご不安な点などございましたらぜひお尋ねくださいませ。

今後は、がん組織ゲノム検査(プレシジョンメディシン)も積極的に応用していくことで、 より科学的な治療効果判定を行うと同時に、主治医の先生や患者様に対してさらに有益な情報を提供していくことを目指します。

※1 がん免疫療法に関する臨床研究・論文・学会発表など

[当施設が参加する共同臨床研究・論文・学会発表]

当施設が採用するテラ株式会社の樹状細胞ワクチン療法に関する論文

横にスライドしてご覧ください。
雑誌名 掲載号(年月) 対象疾患 症例数 内容
Immunotherapy vol 8, no 11,
pp 1309-1320
(2016年11月)
総説:膵臓がん
(総説)
Wilms' tumor 1 (WT1)-targeted cancer vaccines to extend survival for patients with pancreatic cancer
Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy (癌と化学療法) vol 43, no 10,
pp 1252-1255
(2016年10月)
進行がん(膵臓がん、大腸がん、肺がん、胃がん、他) 60例 WT1クラスI+クラスIIペプチドパルス樹状細胞ワクチン療法の有用性の検討
Cancer Immunology, Immunotherapy vol 65, no 9,
pp 1099-1111
(2016年7月)
切除不能な進行・転移非小細胞肺がん 260例 化学療法と併用した樹状細胞ワクチン療法の安全性および生存期間延長関連因子の検討
World Journal of Gastroenterology vol 22, no 17,
pp 4275-4286
(2016年5月)
総説:大腸がん
(総説)
Dendritic cell-based cancer immunotherapy for colorectal cancer
World Journal of Gastrointestinal Pharmacology and Therapeutics vol 7, no 1,
pp 133-138
(2016年2月)
総説:膵臓がん
(総説)
Dendritic cell-based vaccine for pancreatic cancer in Japan
Journal of Neurosurgery Vol.123, No.4,
Pages 989-997
(2015年10月)
再発悪性膠芽腫 10例 WT1を標的とした樹状細胞療法の第I相試験
World Journal of Gastroenterology vol 21, no 39,
pp 11168-11178
(2015年10月)
進行膵臓がん 7例 樹状細胞ワクチン療法と抗がん剤の併用における予後予測因子の検討
Cancer Science vol 106, no 4,
pp 397-406
(2015年3月)
進行膵臓がん 10例 WT1ペプチドを用いた樹状細胞ワクチン療法の完遂性と免疫反応の評価
Anticancer Research vol 35, no 1,
pp 555-562
(2015年1月)
進行膵臓がん 11例 樹状細胞ワクチン療法と抗がん剤の併用における予後予測因子の検討
World Journal of Surgical Oncology vol 12,
pp 390-395
(2014年12月)
局所再発胃がん 1例 局所樹状細胞ワクチン療法の治療効果(症例報告)
Clinical Cancer Research vol 20, no 16,
pp 4228-4239
(2014年7月)
進行膵臓がん
(St IV)
10例 WT1クラスI及びクラスIIペプチドを用いた樹状細胞ワクチン療法の安全性及び有効性の評価
進行肝内胆管がん
(St IV)
1例
Journal of Ovarian Research vol 7,
pp 48-56
(2014年5月)
再発卵巣がん 56例 樹状細胞ワクチン療法の臨床効果とフィージビリティスタディ
Cancer Immunology, Immunotherapy vol 63, no 8,
pp 797-806
(2014年4月)
切除不能な膵臓がん 255例 化学療法に樹状細胞ワクチン療法を併用した場合の上乗せ延命効果
Journal of Gastrointestinal Surgery vol 17, no 9,
pp 1609-1617
(2013年7月)
切除不能な進行・
再発胆道がん
65例 樹状細胞ワクチン療法の有用性と予後因子の検討
Molecular and Clinical Oncology vol 1, no 4,
pp 649-654
(2013年7月)
再発・転移・
局所進行がん
40例 Immune-maximizing (IMAX) therapy for cancer: Combination of dendritic cell vaccine and intensity-modulated radiation
European Journal of Cancer vol 49, no 4,
pp 852-859
(2012年12月)
進行性非小細胞肺がん 62例 WT1を用いた樹状細胞ワクチン療法の有用性と予後因子の検討
Pancreas vol. 41, no 2,
pp 195-205
(2011年7月)
進行膵臓がん 49例 抗がん剤を併用した樹状細胞ワクチン療法に関する臨床成績および免疫学的解析結果
Thyroid vol 17, no 1,
pp 53-58
(2007年1月)
甲状腺がん 6例 Results of a phase I clinical study using dendritic cell vaccinations for thyroid cancer
Melanoma Research vol 13, no 5,
pp 521-530
(2003年10月)
悪性黒色腫 10例 Results of a phase I clinical study using autologous tumour lysate-pulsed monocyte-derived mature dendritic cell vaccinations for stage IV malignant melanoma patients combined with low dose interleukin-2
SpringerPlus vol 4,
pp 780-785
(2015年12月)
基礎研究 Effective recovery of highly purified CD326(+) tumor cells from lavage fluid of patients treated with a novel cell-free and concentrated ascites reinfusion therapy (KM-CART)
Anticancer Research vol 34, no 11,
pp 6353-6361
(2014年11月)
基礎研究 Immunogenic modulation of cholangiocarcinoma cells by chemoimmunotherapy

※提供:テラ株式会社

Copyrihgt(c)2012 Center for Advanced Medical Science and Technology