免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 各がん種の治療
  • 当施設のがん治療
  • 施設のご案内
  • よくあるご質問
  • 治療費用
  • 放射線治療相談外来
東京ミッドタウン先端医療研究所 がん治療チーム

免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 電話する
  • 無料医療相談
  • 資料請求
  • メニュー
無料相談会のご案内

トップ > 「ネオアンチゲン×樹状細胞ワクチン療法」の提供開始に向けて

“「ネオアンチゲン×樹状細胞ワクチン療法」の提供開始に向けて”



遺伝子レベルで個別化された
「ネオアンチゲン×樹状細胞ワクチン療法」
の提供開始に向けて

当施設は、がん治療の"個別化医療"として期待される、「ネオアンチゲン」と「樹状細胞ワクチン療法」を組み合わせた新しい免疫療法の提供および研究開発をスタートします。

私たちは、患者様に最適な治療をお受けいただくために、標準治療(手術・放射線治療・化学療法)を受けることができる方には、まずは標準治療を受けていただくことをお勧めしていますが、標準治療に加えて「出来ることを積極的に取り入れたい」「治療法がない」と悩んでいる患者様がいらっしゃることも事実です。

こういった患者様に対して、免疫療法という選択肢だからこそ果たせる役割があると考えており、ネオアンチゲン×樹状細胞ワクチン療法によって、ご提案できる選択肢をさらに広げることができると考えております。

当施設における「ネオアンチゲン×樹状細胞ワクチン療法」について

当施設は、がんプレシジョン医療研究センター所長 中村 祐輔先生(※)が推進されている、遺伝子変異によるがん抗原「ネオアンチゲン」と「樹状細胞ワクチン療法」を組み合わせたがん治療の提供、エビデンスの構築およびプレシジョンメディスンの普及を目指します。

また、大学病院等の研究機関との共同研究のもと、「ネオアンチゲン」を用いた新たな治療法の可能性を追求します。

※がんプレシジョン医療研究センター所長 中村 祐輔先生
https://www.jfcr.or.jp/genome/about/index.html

がん細胞だけに見られる目印「ネオアンチゲン」とは?

我々の体は、体中に侵入してきたウイルスや病原体などを異物として認識し、免疫細胞が排除することで体を守っています。免疫細胞が異物として認識する物質(タンパク質)を「抗原」と呼び、一般的にがん細胞に存在する特有の物質を「がん抗原」と呼びます。
この「がん抗原」を目印として、さまざまな検査や治療法が存在しています。腫瘍マーカー(がんマーカー)検査や樹状細胞ワクチン療法なども、この「がん抗原」を利用したものです。

「がん抗原」は、がんが発生した際に増加する傾向にありますが、正常な細胞にも少なからず存在しており、がん以外の異常でも増加することがあります。

そこで注目されているのが、がん細胞だけに見られる目印「ネオアンチゲン」です。

ネオアンチゲンは、新生抗原などとも呼ばれ、がん細胞だけにしか見られないがん抗原(目印)です。がん細胞は正常細胞が遺伝子変異を起こすことで生まれる細胞ですが、ネオアンチゲンは遺伝子変異を起こした細胞(がん細胞)でのみ発現する抗原で、正常な細胞には発現しない抗原です。また、ネオアンチゲンは、一人ひとりのがんによっても異なることもわかっています。

このネオアンチゲンを目印として利用し、がん医療に活かそうとする研究が国内外で行われています。

【従来のがん抗原との違い】
特徴 主な抗原名
従来のがん抗原 がん細胞および正常な細胞にも発現 tyrosinase
gp100
Melan-A(MART-1)
PSA
HPVE6,7
p53
EGFR
HER2
hTERT
Survivin-2B
bcr/abl など
遺伝子変異を伴う
がん抗原
がん細胞のみで発現 ネオアンチゲン
従来のがん抗原
がん細胞および正常な細胞にも発現 tyrosinase
gp100
Melan-A(MART-1)
PSA
HPVE6,7
p53
EGFR
HER2
hTERT
Survivin-2B
bcr/abl など
遺伝子変異を伴うがん抗原
がん細胞のみで発現 ネオアンチゲン

遺伝子レベルで個別化された"オーダーメイド"樹状細胞ワクチン療法の実現を

がん細胞だけを標的に免疫細胞が攻撃

従来の樹状細胞ワクチン療法は、樹状細胞にがんの目印(WT1などのがん抗原)を認識させ、がん患者様に投与することによって、リンパ球へがん細胞の目印を伝達し、攻撃を行うこと狙った治療法です。

これまでの樹状細胞ワクチン療法に用いてきたがん抗原は、がん細胞に多く発現しているものの、正常細胞にも少なからず発現している抗原(共通自己抗原)であり、正常な細胞にも影響が出るリスクを少なからず伴います。

対して、ネオアンチゲンはがん細胞だけに見られる抗原であり、ネオアンチゲンをがん抗原として樹状細胞に認識させることで、理論上がん細胞のみに免疫反応を引き起こすことができると考えられています。そのため、従来のがん抗原を使用した場合に比べ、正常細胞に与えるリスクを抑えた治療が行えると期待されています。

お一人おひとりに個別化した樹状細胞ワクチン療法

樹状細胞ワクチン療法に用いるがん抗原には、WT1ペプチドをはじめさまざまな種類のものがありますが、抗原は、がんの種類や状態、進行度によっても異なり、全てのがんをカバーできる抗原は存在していないのが現状です。

ネオアンチゲンは、お一人おひとりの患者様の細胞で生じた遺伝子変異により発現する抗原です。言い換えれば、個々の患者様のがんだけがもつ抗原(目印)と言うことができます。

ネオアンチゲンをがん抗原ペプチドとして樹状細胞ワクチン療法に応用することで、個々の患者様がもつ目印をターゲットとしてワクチンを作製することができるため、がんの種類やお体の状態等に関わらず、お一人おひとりに個別化した"オーダーメイド"な樹状細胞ワクチン療法を提供できる可能性があると考えています。

ネオアンチゲンを利用した樹状細胞ワクチン療法
※イメージ

ネオアンチゲンは、まだまだ解明されていないことも多く、研究段階の技術ですが、当施設は今後の発展に期待を寄せ、研究開発に取り組んでまいります。
中村祐輔先生をはじめ、各分野の先生方のお力もお借りしながら、エビデンスの構築、治療の確立を目指し、日進月歩のがん医療の中で新たな発展の一助となるとともに、一日も早く、患者様に新しい可能性を提供できるよう努めていく所存です。

東京ミッドタウン先端医療研究所

医師とじっくりご相談 個別の無料医療相談受付中
WEB予約・お問い合わせはこちら
がん免疫療法を知る 少人数制の説明会開催中
日程はこちら
先ずはメール・お電話にて 資料請求・メール相談受付中
資料請求・メール相談
治療費用や治療内容についてご不明な方へ よくあるご質問
専門用語がよくわからない方へ 用語集

Copyrihgt(c)2012 Center for Advanced Medical Science and Technology