免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 各がん種の治療
  • 当施設のがん治療
  • 施設のご案内
  • よくあるご質問
  • 治療費用
  • 放射線治療相談外来
東京ミッドタウン先端医療研究所 がん治療チーム

免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 電話する
  • 無料医療相談
  • 資料請求
  • メニュー
無料相談会のご案内

トップ当施設のがん治療免疫療法 > 免疫療法メニュー

免疫療法メニュー

「樹状細胞ワクチン療法」と相乗効果の期待できる
プラスαの免疫療法をご用意

当施設では、患者様おひとりおひとりに合わせて、樹状細胞ワクチン療法に加え、NK細胞療法、活性化リンパ球療法(アルファ・ベータT細胞療法)を効果的に組み合わせたがん治療をご提案しています。

免疫療法メニュー

バクセルイメージ

バクセルイメージ

樹状細胞ワクチン療法

採血して生成したご自身の樹状細胞にがん組織(抗原)を認識させ、ワクチンとして体内に戻すことで、樹状細胞がリンパ球にがんの特徴を教え、リンパ球にがん細胞を攻撃させる治療法です。ワクチンは、手術で摘出された患者様ご自身のがん組織を使って樹状細胞ワクチンを作る方法や、患者様のがんに似た特徴を持つ人工がん抗原を使用する方法があります。当施設では、大阪大学大学院杉山教授が開発したがん抗原「WT1特許技術※」を採用しています。

当施設の樹状細胞療法の適応疾患に関しましては、白血病などの血液腫瘍を含まない固形がんとなっております。
※当施設が技術提供を受けるテラ株式会社が独占実施権を保有

ナチュラルキラー細胞療法(NK細胞療法)

NK(ナチュラルキラー)細胞は、高い細胞傷害活性を持つ細胞で、ウイルス感染細胞やがん化した細胞を攻撃し、病気を未然に防ぐはたらきをしていますが、一方で、NK細胞は年齢と共に減少することが知られています。
NK細胞療法は、NK細胞を増殖させ体内に戻す治療で、がん細胞に対する攻撃力を高める免疫療法の一つとして効果が期待されています。
またNK細胞は、樹状細胞ワクチンが狙いにくいがん細胞(樹状細胞に命令されたT細胞の攻撃を免れたがん細胞)を攻撃することができるため、樹状細胞ワクチン療法と併用することで相乗効果が期待できます。

活性化リンパ球療法(アルファ・ベータT細胞療法)

活性化リンパ球療法とは、末梢血から血液を約25ml採取し、血液中に存在するリンパ球を体外で殺傷力のあるリンパ球に刺激して体内に戻す治療法です。
腫瘍に対する攻撃力の高い治療法ではありませんが、さまざまながんの再発予防や樹状細胞ワクチン療法を組み合わせることで、それぞれの長所を活かした相乗効果が期待できます。

免疫療法を組み合わせることで相乗効果を

樹状細胞ワクチン療法は、司令官である樹状細胞にがん抗原(がんだけが出している目印)を認識させ、兵隊であるリンパ球にそのがん抗原の情報を伝達し、最終的にリンパ球ががん抗原をピンポイントに攻撃できるよう、誘導するための治療です。
しかし、がん細胞の中にはがん抗原をわざと隠すことによって、リンパ球からの攻撃を逃れようとする"ずるがしこい"がん細胞も存在しています。その場合には、活性化リンパ球療法とNK細胞療法を組み合わせることで効果が期待できます。

活性化リンパ球療法は、兵隊であるリンパ球を大量に増殖させて投与することで、特定のがん抗原のみならず、それをわざと隠しているがん細胞も"多数のリンパ球で取り囲んで攻撃"することができます。さまざまながん抗原にも対応できることも特徴です。

NK(Natural Killer)細胞療法は、リンパ球の中でも精鋭部隊(警察で言うところの特殊部隊)であるNK細胞を大量に増やして投与する療法です。ただの兵隊ではなく、特殊部隊を大量に増やして投与することで、治療効果が期待できます。

がんとの戦いでは、効率的にがん細胞を攻撃する樹状細胞ワクチン療法に加え、人海戦術的にリンパ球を増やして体内に投与する治療を組み合わせることで相乗効果が期待できます。(※下図はイメージ)

バクセル三者イラスト

バクセル三者イラスト

Copyrihgt(c)2012 Center for Advanced Medical Science and Technology