免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 各がん種の治療
  • 当施設のがん治療
  • 施設のご案内
  • よくあるご質問
  • 治療費用
  • 放射線治療相談外来
東京ミッドタウン先端医療研究所 がん治療チーム

免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 電話する
  • 無料医療相談
  • 資料請求
  • メニュー
無料相談会のご案内

トップ当施設のがん治療免疫療法 > 効果と副作用

効果と副作用

当施設で行っているがん免疫療法「樹状細胞ワクチン療法」は、患者様自身のがんに対する免疫を高める治療のため、副作用を抑えた"からだに優しい"治療です。また、入院の必要もなく患者様の負担も少なくてすみます。

樹状細胞ワクチン療法の特徴

再発・転移の予防

進行がんなど手術や放射線治療で完全に取り除けなかったがんを細胞レベルで攻撃することができるため、再発転移の予防が期待できます。
※再発予防の効果は研究途中の段階です。

QOL(生活の質)の向上

患者さまご自身の免疫力を引き出す治療法であるため、標準治療と組み合わせることで治療の相乗効果が期待できると同時に、標準治療の副作用を軽減することも期待できます。

樹状細胞ワクチン療法の副作用

この療法は、がん細胞のみを狙って攻撃でき、正常細胞を傷つけないことから、副作用が少ないことが特徴の1つです。
国内外の研究機関で行われた研究報告においても、樹状細胞ワクチン療法の副作用は軽度で、発熱や注射部位の発赤以外にはほぼ認められないことが分かっています。

樹状細胞ワクチン療法の副作用

Copyrihgt(c)2012 Center for Advanced Medical Science and Technology