免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 各がん種の治療
  • 当施設のがん治療
  • 施設のご案内
  • よくあるご質問
  • 治療費用
  • 放射線治療相談外来
東京ミッドタウン先端医療研究所 がん治療チーム

免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 電話する
  • 無料医療相談
  • 資料請求
  • メニュー
無料相談会のご案内

トップ各がん種の治療 > 肝臓癌(がん)

肝臓癌(がん)

樹状細胞ワクチン療法で標準治療との相乗効果を狙う

肝臓癌(がん)

肝臓がんの治療では、手術、経皮的局所療法(エタノール注入療法やラジオ波焼灼療法など)、肝動脈塞栓療法などが中心となっておこなわれます。

肝機能が良好な患者様には、手術が第一選択肢として考えられます。内科的な局所療法には、エタノール注入療法、ラジオ波焼灼療法、肝動脈塞栓術などが選択肢として考えられます。エタノール注入療法は、針からエタノールを病変に注入し、がん細胞を攻撃する方法です。ラジオ波焼灼療法では、針を病変に刺して高熱を出して、がん細胞を壊死させる方法です。肝動脈塞栓術は肝臓の動脈に薬剤を注入して動脈を塞ぎ、がん細胞への血流を止めて死滅させる治療法です。

肝臓がんは手術などを行っても再発しやすく、化学療法などを使って再発を予防させることも重要になってきます。

当施設で行っている樹状細胞ワクチン療法では、標準治療(手術・放射線治療・化学療法)と組み合わせることで、 相乗効果が期待でき、副作用を抑えて治療することが可能です。まずはお気軽にご相談ください。

現在受けられている治療についてご不安なこと、当施設のがん免疫療法についてご不明なことなど、お気軽にご相談ください。
03-5413-7920
無料 医療相談のご予約はこちら
当施設では、がん免疫療法のご提供はもちろん、高精度放射線治療をはじめとした標準治療や補助療法も含め、個々の患者様の状況に合わせた併用治療をご提案しています。

Copyrihgt(c)2012 Center for Advanced Medical Science and Technology