免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 各がん種の治療
  • 当施設のがん治療
  • 施設のご案内
  • よくあるご質問
  • 治療費用
  • 放射線治療相談外来
東京ミッドタウン先端医療研究所 がん治療チーム

免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 電話する
  • 無料医療相談
  • 資料請求
  • メニュー
無料相談会のご案内

トップ当施設のがん治療免疫療法 > がん免疫療法とは

がん免疫療法とは

自己の免疫細胞でがんを治療する「第4のがん治療」

「がん免疫療法」とは、がんを攻撃してくれる体内の免疫細胞を使って治療を行っていく療法です。自己の免疫細胞を使ってがんを攻撃するため、副作用が少ないのが特徴です。がんを退治していこうとする免疫療法は「第4のがん治療法」と呼ばれています。

がん免疫療法の過去と現在

1960年代後半から始まったがん免疫療法は、現在に至るまで様々な形で進化してきました。治療方法が進歩する過程において治療効果の面では必ずしも順風満帆なものではありませんでした。現時点で標準治療(手術・放射線治療・化学療法)に匹敵するほどのデータはまだ集まっておりませんが、学術論文も多数発表されており期待できるデータが集まりつつあります。

がん免疫療法には、第1世代(1970年代)の細菌・キノコ由来の免疫療法剤、第2世代(1980年代)のサイトカイン療法、細胞を治療に応用した第3世代(1980年代)の活性化リンパ球療法(NK細胞療法などの非特異的免疫療法)、そして第4世代(1990年代)のがん免疫細胞療法である樹状細胞療法をはじめとする特異的免疫療法などがあります。

第3世代までの免疫療法は、非特異的免疫療法といわれ患者様自身の免疫力の底上げをするものでしたが、第4世代の樹状細胞ワクチン療法では、特異的免疫療法といわれ、がん細胞に絞って集中的に攻撃する治療法です。

がん免疫療法の過去と現在

がん免疫療法の過去と現在

がん免疫療法「樹状細胞ワクチン療法」のメカニズム


樹状細胞は、リンパ球をはじめとするがんを攻撃する働きを持つ免疫細胞に"がん"という敵を認識させて、効率よく攻撃できるように指令を出す、いわば免疫の司令塔となる細胞です。がんは、通常、長い時間をかけて患者様のリンパ球やNK細胞などの免疫防御機構から上手く逃れて成長していきますが、樹状細胞ワクチン療法は、このように上手く免疫防御機構から逃れて成長をはじめたがんに対して、再度がんを攻撃するように指令を与える治療法です。(※下図はイメージ)

がん免疫療法「樹状細胞ワクチン療法」とは

がん免疫療法「樹状細胞ワクチン療法」とは

各がん種の免疫療法について

当施設で行っている免疫療法「樹状細胞ワクチン療法」は、大阪大学大学院杉山教授が開発した抗原(がんの目印)「WT1ペプチド」を使用しています。
WT1ペプチドは、さまざまながん(白血病等の血液がんも含む)に存在するがん組織(抗原)であり、多くのがん種で樹状細胞ワクチン療法のご提供が可能です。

  • 大腸がんへの免疫療法
  • 胃がんへの免疫療法
  • すい臓がんへの免疫療法
  • 胆のうがんへの免疫療法
  • 肝臓がんへの免疫療法
  • 卵巣がんへの免疫療法
  • 肺がんへの免疫療法
  • 前立腺がんへの免疫療法
  • 食道がんへの免疫療法
  • 子宮がんへの免疫療法
  • 乳がんへの免疫療法
  • 膀胱がんへの免疫療法
  • 尿管がんへの免疫療法
  • 咽頭がんへの免疫療法
  • 甲状腺がんへの免疫療法
  • 口腔がんへの免疫療法
  • 唾液腺がんへの免疫療法
  • 腎臓がんへの免疫療法
  • メラノーマへの免疫療法
  • 脳腫瘍への免疫療法
  • 平滑筋肉腫への免疫療法
  • 骨肉腫への免疫療法
次のページでは、当施設の「樹状細胞ワクチン療法」の
特徴などをご紹介しています。

ページの先頭へ

医師とじっくりご相談 個別の無料医療相談受付中
WEB予約・お問い合わせはこちら
がん免疫療法を知る 少人数制の説明会開催中
日程はこちら
先ずはメール・お電話にて 資料請求・メール相談受付中
資料請求・メール相談
治療費用や治療内容についてご不明な方へ よくあるご質問
専門用語がよくわからない方へ 用語集

Copyrihgt(c)2012 Center for Advanced Medical Science and Technology