免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 各がん種の治療
  • 当施設のがん治療
  • 施設のご案内
  • よくあるご質問
  • 治療費用
  • 放射線治療相談外来
東京ミッドタウン先端医療研究所 がん治療チーム

免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 電話する
  • 無料医療相談
  • 資料請求
  • メニュー
無料相談会のご案内

トップ >プレシジョンメディシンとは?

プレシジョンメディシンとは



遺伝子レベルでがん細胞の特徴と適合した※1
抗がん剤(分子標的薬)を調べる
「プレシジョンメディシン」のご提案

※1蓄積されたデータから効果が期待できると見られるもの。

平均値の治療から、その方のがんに合った治療へ

医療ガイドラインに沿って選択された抗がん剤が
あなたのがんに合うとは限りません

抗がん剤には、数多くの種類があります。その選択にあたっては、数々の臨床試験 等を経て、「このがん種にはこの薬が効きやすい」といった“平均値”のデータを基に、 抗がん剤を使用する優先順位が決められるのが一般的です。
しかし、遺伝子レベルで見てみると、がんにはそれぞれ特徴があります。例えば、 卵巣がんの患者様に、大腸がんに対して承認された抗がん剤が効く、というケース もあり得るのです。

「プレシジョンメディシン(がんゲノム医療)」とは、 遺伝子レベルでがんを解析し、そのがんにあった治療を行うという先端治療の考え方です。東京ミッドタウン先端医療研究所では、 遺伝子レベルでそのがん細胞の特徴に合った抗がん剤(分子標的薬)を調べる検査をご提供しています。

プレシジョンメディシンでの抗がん剤*の選択 ⇒ がんの遺伝子を解析し、そのがんの特徴
に合った抗がん剤(分子標的薬)を調べ、選択します。
プレシジョンメディシンでの抗がん剤*の選択 ⇒ がんの遺伝子を解析し、そのがんの特徴
に合った抗がん剤(分子標的薬)を調べ、選択します。

プレシジョンメディシンの目的は、
「最適な治療を最適なタイミングで」お届けすること

がんの遺伝子は治療の過程においても変化します。第一選択薬の抗がん剤で効果が得られる方もいれば、 第一選択薬が効かなくなって第二選択薬、さらに第三選択薬と、選択肢は限られていく例も少なくありません。

抗がん剤に対する耐性が原因ですが、これは同じがん細胞に耐性ができて、抵抗力を持ったということよりも、 治療薬が効いたがん細胞は死んで、治療薬が効かないクローンが残って増殖することにより起こります。

つまり、治療をしていく中で、「そのがんに効果が期待できる抗がん剤」も変化していくのです。 そんな中で最適な治療を最適なタイミングで行うために、「プレシジョン・メディシン」は大きな役割を果たします。

もちろん、がん治療には抗がん剤治療を含め、さまざまな選択肢があります。 また、「プレシジョン・メディシン」でご自身のがんに合った抗がん剤が見つけられない場合もあります。 そんな時の次の治療の選択肢について、患者様の症状とご意向を踏まえ、総合的にご相談させていただきます。

プレシジョンメディシンはこんな患者様に。治療中だが、十分に効果が得られていない方に
、がんが見つかったばかりで自身に合った抗がん剤を選択したい方に、再発・転移がんの治療についてお悩みの方、プレシジョンメディシンについてもっと知りたい方、セカンドオピニオンをご希望の方
プレシジョンメディシンはこんな患者様に。治療中だが、十分に効果が得られていない方に
、がんが見つかったばかりで自身に合った抗がん剤を選択したい方に、再発・転移がんの治療についてお悩みの方、プレシジョンメディシンについてもっと知りたい方、セカンドオピニオンをご希望の方

採血によるがん細胞の検出と遺伝子解析でご自身のがんに合った治療薬を。
当施設でご提供するプレシジョンメディシン
「リキッドバイオプシー」

血液検査でがん細胞を解析。身体への負担を少なく検査が可能

プレシジョンメディシンの検査には、がんの組織片を用いるのが一般的ですが、当施設では、 血液検査からがんの遺伝子を解析できる「リキッドバイオプシー(液体生検)」をご提供しています。

リキッドバイオプシーは、 血液中に流れ出すがん細胞やがん由来のDNAを検出し遺伝子解析を行い、そのがんに合った抗がん剤(分子標的薬)を見つける検査です。

手術による生検が難しい再発転移がんの患者様や、がん組織の採取が不可能な状況の方でも体への負担が少なく検査を行うことができます。

※日本未承認の薬や、効果が期待できる治療薬が見つからない場合もあります。

リキッドバイオプシー検査は一つではありません。
お一人おひとりに合わせて、最適な検査をご提案します

リキッドバイオプシー検査では、血液、唾液、尿など、さまざまな体液から、がんの遺伝子情報を解析する医療技術です。 用いる体液や解析方法により検査の種類もさまざまで、解析できる遺伝子情報も異なります。

また、進行がんに対する有効な治療薬の情報取得や治療効果の判定のために行う場合や、がんの早期発見を目的として行われるなど、検査目的によっても異なり、一口にリキッドバイオプシーといっても、さまざまな種類があります。

当施設では、下記のリキッドバイオプシー検査を採用し、患者様のご状況や目的、ご要望に合わせて、最適な検査をご提案しております。

当施設が検査を委託する検査機関と検査概要
検査機関名等
Guardant Health社(米国)
https://guardanthealth.com/
Guardant360(ガーダント360)
株式会社 Cancer Precision Medicine
(キャンサープレシジョンメディシン)
https://www.cancerprecision.co.jp/
  1. ・リキッドバイオプシー パネル解析
  2. ・リキッドバイオプシー デジタルPCR
ジェノダイブファーマ株式会社
http://genodive.co.jp/
リキッドバイオプシー検査

※ ガーダントヘルス社の「ガーダント360」検査は、SBI損保がん保険の対象になる可能性がございます。保険にご加入で当検査をご検討の方は、事前にSBI損保(SBI損害保険株式会社)様にご確認の上、必要書類等のご準備をお願いいたします。

検査後の治療についても総合的なご相談を

検査をした結果、適合する薬が見つからないというケースや、適合した薬が日本未 承認というケースもありますが、当施設の医療ネットワークにより、その後の治療について総合的なご相談を承っています。

検査費用

検査代(相談料込): 418,000円(税込)

ご予約・お問合せ

・お電話にてお問合せください。
03-5413-7920 03-5413-7920 (受付:月曜~金曜 9:00-17:00 
※土曜・日曜・祝祭日除く)

プレシジョンメディシンから免疫療法まで。
あきらめないがん治療のパートナーとして

東京ミッドタウン先端医療研究所 所長 田口 淳一

所長 田口淳一 医師

がんの初期の段階では、治療法には様々な選択肢があります。しかしステー ジが進んでいる場合や再発・転移がんの場合には、選択肢が限られることもあ ります。どこまで治療するか、どのような治療法を選択するか、それを決めるのは もちろん患者さまご自身です。

しかしチャンスがある限り、治療の選択肢をその メリット、デメリットと共にきちんと患者さまにお伝えすること、それが医療施 設の務めであると私たちは考えます。

東京ミッドタウン先端医療研究所 がん診療部長 島袋誠守 医師

がん診療部長
島袋誠守 医師

当施設では、プレシジョンメディシンの検査だけでなく、大阪大学の特許技術を採用したがん免疫療法もご提供しております。

治療の選択肢が限られる再発・転移がんの患者様に、その方にとって最適な治療を最適なタイミングでご提供できるよう、 お一人おひとりの症状とご意向を踏まえた上で治療法のご提案をさせていただきます。

Copyrihgt(c)2012 Center for Advanced Medical Science and Technology