免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 各がん種の治療
  • 当施設のがん治療
  • 施設のご案内
  • よくあるご質問
  • 治療費用
東京ミッドタウン先端医療研究所 がん治療チーム

免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 電話する
  • 無料医療相談
  • 資料請求
  • メニュー
無料相談会のご案内

トップ当施設のがん治療ネオアンチゲンによる個別化医療 > ネオアンチゲン×樹状細胞ワクチン療法

ネオアンチゲン×樹状細胞ワクチン療法

当施設は、がんプレシジョン医療研究センター所長 中村 祐輔先生が推進されている、遺伝子変異によるがん抗原「ネオアンチゲン」と「樹状細胞ワクチン療法」を組み合わせたがん治療の提供により、エビデンスの構築およびプレシジョンメディスン(個別化医療)の普及を目指しています。

※がんプレシジョン医療研究センター所長 中村 祐輔先生
https://www.jfcr.or.jp/genome/about/index.html

遺伝子レベルで個別化された
"オーダーメイド"樹状細胞ワクチン療法

樹状細胞ワクチン療法は、がんが持つ抗原(目印)を認識し、他の免疫細胞に目印を伝える役割を果たす「樹状細胞」を利用した治療法です。

がん抗原は、がんの種類や発症部位等により異なり、さまざまな種類があります。樹状細胞ワクチン療法は、樹状細胞に人工的にがん抗原を認識させ体に戻す治療ですが、がん抗原によって治療効果が左右されるため、使用するがん抗原が重要となります。

がん細胞だけを標的に免疫細胞が攻撃

従来の樹状細胞ワクチン療法は、樹状細胞にがんの目印(WT1などのがん抗原)を認識させ、がん患者様に投与することによって、リンパ球へがん細胞の目印を伝達し、攻撃を行うこと狙った治療法です。

これまでの樹状細胞ワクチン療法に用いてきたがん抗原は、がん細胞に多く発現しているものの、正常細胞にも少なからず発現している抗原(共通自己抗原)であり、正常な細胞にも影響が出るリスクを少なからず伴います。

対して、ネオアンチゲンはがん細胞だけに見られる抗原であり、ネオアンチゲンをがん抗原として樹状細胞に認識させることで、理論上がん細胞のみに免疫反応を引き起こすことができると考えられています。そのため、従来のがん抗原を使用した場合に比べ、正常細胞に与えるリスクを抑えた治療が行えると期待されています。

お一人おひとりに個別化した樹状細胞ワクチン療法

樹状細胞ワクチン療法に用いるがん抗原には、WT1ペプチドをはじめさまざまな種類のものがありますが、抗原は、がんの種類や状態、進行度によっても異なり、全てのがんをカバーできる抗原は存在していないのが現状です。

ネオアンチゲンは、お一人おひとりの患者様の細胞で生じた遺伝子変異により発現する抗原です。言い換えれば、個々の患者様のがんだけがもつ抗原(目印)と言うことができます。

ネオアンチゲンをがん抗原ペプチドとして樹状細胞ワクチン療法に応用することで、個々の患者様だけがもつ目印をターゲットとしてワクチンを作製することができるため、がんの種類やお体の状態等に関わらず、お一人おひとりに個別化した"オーダーメイド"な樹状細胞ワクチン療法を提供できると考えています。

ネオアンチゲンを利用した樹状細胞ワクチン療法

治療の流れ

1.医療相談(無料)

下記、お電話または予約フォームより、まずは医療相談のご予約をお願いいたします。ご本人様はもちろん、ご家族様のご同席、ご家族様のみのご相談も可能です。ご来院または、オンラインによる遠隔医療相談にて、当施設医師より、治療内容等についてご納得いただけるまで丁寧にご説明します。

※遠隔医療相談をご希望の方は、お電話にてご予約をお願いします。

【ご予約日前までに下記の資料を
ご準備ください】

・紹介状、またはがんの診断を受けてから現在までの治療経過 (薬剤名等もご記載ください)

・30日以内の血液検査結果

・当施設医師への質問事項

その他、当施設様式の問診票などもご記入いただくため、事前にご郵送いたします。
2.各種検査・
治療計画

治療(樹状細胞ワクチン療法)を受けることができるかどうかを確認するために、血液検査、画像検査などを実施し、患者様のご状態を検査いたします。

各種検査と合わせて、がんの遺伝子情報を解析する「リキッドバイオプシー(液体生検)」を実施し、患者様のがんだけが持つ「ネオアンチゲン」を特定します。

治療実施可否の確認およびネオアンチゲンを特定の後、検査結果をもとに、医師が患者様お一人おひとりに合わせた治療計画を作成します。

※ネオアンチゲンの特定には、およそ3週間程度を要します。

リキッドバイオプシーについて詳しくは、下記よりご覧ください。
>>プレシジョンメディシンとは?

3.アフェレーシス(成分採血)

ネオアンチゲン樹状細胞ワクチン療法で使用する、ワクチン作製のための採血を行います。血中から樹状細胞を取り出し、リキッドバイオプシーで特定したネオアンチゲンを覚えさせることで、患者様だけのオーダーメイドワクチンを作製します。

※ワクチンは、アフェレーシスよりおよそ3週間後に出来上がります。

4.治療(ワクチン投与)

患者様ごとの治療計画をもとに、ネオアンチゲンワクチン投与(皮内注射)による治療を行います。ワクチンの最終投与時に、リキッドバイオプシーによるがん遺伝子解析を行い、がんの状態を確認します。

※ワクチン投与は、1クール5回程度となります。

※当治療は自由診療となります。治療費用は約280万円です。患者様のご状態や治療内容により費用が異なります。

お問合せ・ご予約

ネオアンチゲンについてさらに詳しく知りたい方は
下記ページも合わせてご覧ください。

Copyrihgt(c)2012 Center for Advanced Medical Science and Technology