免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 各がん種の治療
  • 当施設のがん治療
  • 施設のご案内
  • よくあるご質問
  • 治療費用
  • 放射線治療相談外来
東京ミッドタウン先端医療研究所 がん治療チーム

免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 電話する
  • 無料医療相談
  • 資料請求
  • メニュー
無料相談会のご案内

トップ当施設のがん治療 > 在宅免疫療法

在宅免疫療法

通院がご負担な方、ご自宅で治療したい方へ
"在宅でできる"がん免疫療法

当施設では、通院がご負担な方やご自宅で治療を行いたい方に向けて、「在宅による免疫療法」を実施しております。

在宅免疫療法では、ワクチン投与による「樹状細胞ワクチン療法」をご提供。当施設の医師がご自宅にお伺いしてワクチンの投与(皮内注射)を行います。

ご予約、費用についてや、その他ご質問などございましたら、お気軽にお電話にてお問合せください。

※1 ご自宅にお伺いする医師・スタッフは、事前にLAMP法検査よる「新型コロナウイルス感染症の陰性確認」を行い、お伺いします。

※2 原則ご自宅での実施となります。入院中の他医療機関等での実施は承ることが叶いません。

※3 免疫療法以外(その他点滴や処方など)の診療は、承ることが叶いません。

※4 原則、治療開始にあたる事前検査、ワクチン精製に伴う採血(アフェレーシス)、
ワクチンの初回投与・最終投与時は当施設までご来院いただいての実施となります。

在宅免疫療法の流れ

在宅免疫療法(樹状細胞ワクチン療法)では、治療前の事前検査時、ワクチン作製のための採血時は、当施設までご来院いただき実施いたします。また、安全性確保のため、ワクチンの初回と最終投与時は、ご来院いただいての実施となります。

1.医療相談(無料)のご予約

下記、お電話または予約フォームよりご予約をお願いいたします。
オンラインによる遠隔医療相談をご希望の方は、お電話にてご予約をお願いいたします。

【ご予約日前までに下記の資料を
ご準備ください】

・紹介状、またはがんの診断を受けてから現在までの治療経過 (薬剤名等もご記載ください)

・30日以内の血液検査結果

・当施設医師への質問事項

その他、当施設様式の問診票などもご記入いただくため、事前にご郵送いたします。
2.医師による医療相談

在宅免疫療法で行う「樹状細胞ワクチン療法」をはじめ、東京ミッドタウン先端医療研究所の治療について、ご納得いただけるまで丁寧にご説明いたします。
ご本人様はもちろん、ご家族様のご同席、ご家族様のみのご相談も可能です。
ご来院または、オンラインによる遠隔医療相談にて承っています。

※遠隔医療相談をご希望の方は、お電話にてご予約をお願いいたします。

3.各種検査・
治療計画

治療(樹状細胞ワクチン療法)を受けることができるかどうかを確認するために、血液検査、画像検査などを実施し、患者様のご状態を検査いたします。治療実施可否の確認が取れた後、検査結果をもとに、医師が患者様お一人おひとりに合わせた治療計画を作成します。

各種検査をご受診いただくため、当施設までご来院が必要となります。

4.アフェレーシス
(成分採血)

樹状細胞ワクチン療法で使用する、ワクチン作製のための採血を行います。
アフェレーシスという特殊な採血方法で、2-3時間をかけてゆっくりと採血を行いますため、当施設までご来院が必要となります。ワクチンは、採血よりおよそ3週間後に出来上がります。

5.ワクチン投与

当施設の医師がご自宅までお伺いし、ワクチン投与(皮内注射)を行います。
原則、初回と最終の投与については、患者様の安全性を考慮し、当施設までご来院いただいての投与となりますが、それ以外の投与はご自宅かご来院かお選びいただけます。

ご自宅にお伺いする医師・スタッフは、新型コロナウイルス感染症対策として事前にLAMP法検査による陰性確認を行い、お伺いします。

※ワクチン投与は、5回〜7回程度となります。

6.治療評価

治療終了時に、血液検査・画像検査等により、治療評価を行います。評価結果をもとに、患者様の次の治療方針について、医師より詳しくご説明いたします。

※治療評価は、ご了承いただいた患者様のみに実施しておりますが、次の治療方針を決定する上で重要となりますので、ぜひご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

在宅免疫療法の治療スケジュール

樹状細胞ワクチン療法(1クール:7回投与の場合

在宅免疫療法の治療スケジュール 在宅免疫療法の治療スケジュール

※7回投与で1クールとなりますが、投与回数・治療スケジュールは患者様によって異なる場合があります。

在宅免疫療法のよくあるご質問(FAQ)

在宅免疫療法(樹状細胞ワクチン療法)に関する、よくあるご質問を掲載しています。その他、ご不明な点がありましたら、お電話にてお気軽にお問合せください。

[Q] 関東圏以外でも在宅治療を受けられますか?

当施設ではこれまで、関東圏〜東海地方にお住まいの方に対して、在宅による免疫療法を実施しております。上記以外の地域にお住まいの方でもご相談は可能ですので、まずはお問合せください。

[Q] 自宅以外でも治療を受けられますか?

原則、ご自宅での治療のみ承っております。

[Q] 免疫療法以外の診療も在宅で行ってもらえますか?

免疫療法(樹状細胞ワクチン療法)のみのご提供となります。その他在宅で行えるものとして、オンラインによる遠隔医療相談をご提供しております。

[Q] 新型コロナウイルス感染症対策は行っていますか?

ご自宅にお伺いする医師およびスタッフは、 新型コロナウイルス感染症対策として、事前にLAMP法検査よる「新型コロナウイルス感染症の陰性確認」を行い、お伺いしています。その他、当施設の感染症対策については下記よりご確認ください。
>>当施設の新型コロナウイルス感染症対策について

[Q] 費用について教えてください

樹状細胞ワクチン療法の治療費用 [平均:2,800,000円] + 往診費用 [東京ミッドタウンからの片道30分以内の場合:11,000円(税込)]  程度となります。往診費用は移動時間により異なりますので、詳しくはお問合せください。

当施設の樹状細胞ワクチン療法の特徴

当施設で行っているがん免疫療法「樹状細胞ワクチン療法」は、大阪大学大学院杉山教授が開発・特許取得した人工がん抗原(がんの目印)「WT1ペプチド」を使用しています。WT1ペプチドとは、さまざまながんに見られる抗原(目印)のひとつ「WT1」をもとに、人工的に作り出したがん抗原です。

「WT1」は、さまざまながん(白血病等の血液がんも含む)に存在していることが明らかとなっており、人工がん抗原WT1ペプチドを樹状細胞ワクチン療法に用いることで、多くのがん種に対して治療を実施することが可能となっています。

WT1ペプチドを用いた樹状細胞ワクチン療法について、さらに詳しくは下記ページよりご覧ください。

がんの目印「WT1ペプチド」とは?

ページの先頭へ

Copyrihgt(c)2012 Center for Advanced Medical Science and Technology