免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

文字サイズ

  • 中サイズ
  • 大サイズ

  • 施設のご案内
  • 当施設のがん治療
  • 各がん種の治療
  • 症例報告
  • 治療費用
  • よくあるご質問
  • 放射線治療相談外来
  • 施設のご案内
  • 当施設のがん治療
  • 各がん種の治療
  • 症例報告
  • 治療費用
  • よくあるご質問
  • 放射線治療相談外来

トップ当施設のがん治療免疫療法 >WT1ペプチド特許技術

WT1ペプチド特許技術

より多くのがん患者様へ
樹状細胞ワクチン療法をご提供

当施設は、WT1特許技術※1導入の許可を受けている医療機関であり、WT1ペプチドを用いた樹状細胞ワクチン療法を実施しております。WT1ペプチドは特許化されているため、WT1ペプチドを活用した樹状細胞ワクチン療法は、指定された医療機関でのみしか治療ができません。

※1 WT1ペプチドを細胞治療に応用する独占的実施権を保有するテラ株式会社から、使用許諾を得ております。

WT1ペプチドとは

ほぼ全てのがん種に適合している人工がん組織(抗原)

樹状細胞ワクチン療法には、がん組織(抗原)が必要であり、どのようながん組織(抗原)を使用するかで治療の効果が左右される為、重要となります。
がん組織(抗原)のうち主なものとして、自己がん組織があります。しかし、自己がん組織は、手術により採取した自己のがん組織を利用することから、すでに手術を終えてしまっていたり、病状の進行により、手術ができなかったりという理由で、治療ができないことが少なくありませんでした。 そこで、人工抗原(人工的に作製されたがん抗原)を使用しての治療が開始されましたが、人工抗原は、がんの種類により使用が制限されることがほとんどでした。

その後、杉山治夫教授(大阪大学大学院教授)等の研究発表により、「WT1ペプチド」の人工抗原の存在が発見されました。これは、ほぼ全てのがん(白血病等の血液がんも含む)に存在するがん組織(抗原)であることが明らかになり、今では世界でも有名ながんの抗原(がんの特徴)の一つとなっています。 ほぼすべての固形がん・血液がんで認められているWT1ペプチドを樹状細胞療法に用いることで、自己がん組織の確保が困難な患者様に対しても幅広く樹状細胞療法を提供することが可能になりました。

WT1ペプチドとは

WT1ペプチドとは

各がん種におけるWT1の発現率

世界で認められたWT1ペプチド

WT1ペプチドは米国癌研究会議(AACR)の学会誌であるClinical Center Reseach誌(2009年15巻5323~37頁)において、75種類のがん抗原の中で最も優れている(1位)との評価を受けました。

ランキング1位の評価

ランキング1位の評価

Copyrihgt(c)2012 Center for Advanced Medical Science and Technology