免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 各がん種の治療
  • 当施設のがん治療
  • 施設のご案内
  • よくあるご質問
  • 治療費用
  • 放射線治療相談外来
東京ミッドタウン先端医療研究所 がん治療チーム

免疫療法・免疫治療によるがん治療なら、六本木駅直結の東京ミッドタウン先端医療研究所へご相談ください。

  • 電話する
  • 無料医療相談
  • 資料請求
  • メニュー
無料相談会のご案内

トップよくあるご質問がん免疫療法「樹状細胞ワクチン療法」について > 樹状細胞ワクチン療法の特長を教えてくださ...

よくあるご質問

よくあるご質問

樹状細胞ワクチン療法の特長を教えてください

回答

樹状細胞ワクチン療法は、がん細胞だけを狙って効率よく攻撃することを目指す治療法です。がん治療に免疫療法が利用され始めたのは、1970年代と考えられています。人の持つ免疫のしくみは未解明だった為、当初、からだの中の免疫力を上げるために試みられた方法は、効果が不明確であったり、副作用が出てしまいました(第1、第2世代)。その後、がんの免疫にリンパ球が重要な役割をしていることがわかり、体外でリンパ球を増やして体内へ戻す、「活性化リンパ球療法」などが行われるようになりました。しかし、期待したほどの効果を得ることはできませんでした(第3世代)。なぜなら、増えたリンパ球は、がんの印(しるし)を覚えていないため、効率的にがん細胞を攻撃することができなかったのです(非特異的免疫療法)。 1990年代になり、免疫細胞の一つである樹状細胞の働きが明らかになってきたこと、また、がんの印にあたる「がん抗原」が発見されたことで、がん免疫療法は大きく転換し、がん細胞だけを狙って攻撃する第4世代の免疫療法へと発展を遂げました(特異的免疫療法)。それが、樹状細胞ワクチン療法です。詳しくはこちら

よくあるご質問一覧ページへ戻る
医師とじっくりご相談 個別の無料医療相談受付中
WEB予約・お問い合わせはこちら
がん免疫療法を知る 少人数制の説明会開催中
日程はこちら
先ずはメール・お電話にて 資料請求・メール相談受付中
資料請求・メール相談
治療費用や治療内容についてご不明な方へ よくあるご質問
専門用語がよくわからない方へ 用語集

Copyrihgt(c)2012 Center for Advanced Medical Science and Technology